オーストラリア学会 - Australian Studies Association of Japan

 

English

   

   
オーストラリア学会事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
オーストラリア学会 担当
TEL:03-5937-0249,
FAX:03-3368-2822
asaj-post@bunken.co.jp
(注)2013年4月1日より

HOME > 学会誌・ニューズレター > オーストラリア研究 投稿要領

オーストラリア研究 投稿要領

1. 本誌は、年 1~2 回刊行する。〈論文〉、〈研究ノート〉、〈書評〉の投稿を受け付ける。

2. 投稿論文は、和文または英文をもって、会員より投稿されたものであり、初出論文であることを原則とする。投稿は常時受けつけるが、翌年号に掲載されるには、毎年 8 月末日をもって締め切りとする。共同執筆者に会員以外の者を含めることができるが、代表執筆者は会員でなければならない。

3. 投稿の種類および枚数は、和文の場合、〈論文〉出来上がり 15 ページ以内(28,380 字以内、図表・要約を含む)、〈書評〉3 ページ以内(5,676 字以内)、とする。〈研究ノート〉の枚数は論文を超えないものとする。また英文の場合は、A4 用紙にダブルスペース(1 行 10~15 単語で 29 行を 1 枚とする)で、〈論文〉30 枚以内とする。なお、英語を主言語としない会員の英文投稿は、英語を主言語とする者の通読を必要とし、通読者のサインした証明書を添付しなければならない。

4. 図表は別紙に明瞭に書き上げること(原則としてそのまま印刷できるようにする)。図表の挿入箇所を本文の欄外に朱書きする。

5. 〈論文〉(和文、英文とも)には、400 ワード以内の英文サマリー(タイトル、氏名、所属とも)を添付する。英文サマリーは学会 Web サイトに掲載する。なお、英文の正確さを期すため、編集委員会で修正することがある。

6. 節・小節の番号は、1、1 )、①、とし、図表の番号は、表 1、図 1、とする。

7. 注記は本文の該当箇所右肩に、・・・・・(1)のように記し、原稿の末尾にまとめて記載する。

8. 注記の中での引用文献の記載については、原則として以下の要領による。外国文献もこれに準じる。
 編著者名『書名』(シリーズ名)出版社、出版年(西暦)、引用ページ。
 執筆者名「論文名」『雑誌名』巻号、発行年月、引用ページ。
ただし、これ以外の記載方法についても認めることがあるので、事前に編集委員会に照会のこと。

9. 外国の人名、地名、書名についてはカタカナで書き、特に一般的でないものについては初出の箇所で原語を括弧に入れて併記する。書名の言語表記はイタリックにする。
 人名例:パトリック・ホワイト(Patrick White, 1912-90)
  * 但し、生没年は執筆者が必要と判断した場合のみ

10. 投稿申込書(学会ホームページよりダウンロード可)に和文表題およびその英文タイトル、執筆者名およびローマ字名(フル・ネーム)、所属機関(部まで)およびその英文名および連絡先住所、電話番号、Eメールアドレスを記載して添付すること。英文タイトルは、英文の正確さを期すため編集委員会で修正することがある。

11. 提出原稿は、投稿申込書とサマリーと共に、データでEメールに添付し所定の宛先に提出する。

12. 提出原稿は編集委員会で審査のうえ掲載の可否を決定し、本人に通知する。

13. 著者校正は原則として 1 回行う。

14. 別刷を希望する者は、校正の際に連絡する。別刷は有料で著者の自己負担とする。

15. 上記の諸規定は投稿についてのものであって、編集委員会から依頼するものについてはこの限りではない。

16. 投稿・依頼原稿とも稿料は支払わない。

17. 〈論文〉、〈研究ノート〉、〈書評〉は、次の号が出た時点でJ-STAGEに電子化し掲載、公開する。

18. 刊行後は印刷所より PDF ファイルを執筆者に送付する。

19. 投稿論文等の送信先は下記の通り。

EML:asaj-post@bunken.co.jp
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
オーストラリア学会担当
Tel:03-5937-0249 Fax:03-3368-2822

2009年7月12日 一部改訂
2011年12月11日 一部改訂
2012年10月11日 一部改訂
2016年 9月20日 一部改訂
2017年 5月1日 一部改訂